色にこだわって

 台所はどうしても物があふれ、ごちゃごちゃになる。だからせめて、なるべく色を統一しよう。
 幸い、この系統の緑と黄色のキッチングッズはよくある。
 この袋入れはイタリアのarezzoで、買ってきたもの。最近、実はBusattiという由緒正しいお店で、東京にもお店があることを知った。arezzoでは、私はこの布のお店に2日通い、悩みに悩んで、テーブルセンターとこれを買った。d0147727_7124699.jpg
d0147727_71331.jpg

d0147727_7131682.jpg
  写真で気がついたが、コンセントとスイッチのカバーの白が、なんだか浮いてる。そういえば、東京に新居を建てたイタリア人の知人が、コンセントについて、怒っていたっけ。彼は、「なぜ、日本人は自宅の居間のスイッチと、職場のトイレのスイッチが同じでも、かまわないのか?イタリアには、スイッチカバーの色だけで、数百色をそろえている店があるのに」結局彼の家は、スイッチだけでなく、キッチン、バス、トイレ、とイタリアから取り寄せることになり、、、、。
 そこまでのパワーのない私は、そのうち、絵の具ででも色をつけてみようか、なんて思っている。
  こんな感じに、このところずっと曇りに雨の熊野で、ちょこちょこ部屋をいじっては楽しんでいる。


[PR]

by mobiliantichi | 2008-09-01 07:49 | 古民家修復  

<< 姉妹都市 ソレント 相変わらず、食費はただ >>