ちょっと根に持っていること

 居間のロイドルームチェアーに合わせるテーブルを見つけたのは、
目黒通りのアンティークショップ。その時、師匠はちょっと気になることを呟いていた。

 「珍しくて、いいテーブルだけど、高さがちょっと。まあ脚を切ってしまえばいいけれど」
d0147727_19221824.jpg

 でもまさか本当に脚を切ってしまうなんて、思っていなかった。
 東京から、たくさんの家具を熊野に運んできた師匠は、家具をそれぞれの位置に置くと、
しばらくして、「のこぎりありますか?」と私に聞いた。
私は伸びすぎて、雨樋に届きそうな百日紅の枝を切ってくれるんだと思って、
のこぎりを渡した。その結果、、、、、。
 今でもちょっと根に持っている。
 ホントに切る前に持ち主に相談してくれても、よかったんじゃない?
 師匠は師匠なりに、椅子とテーブルの高さのバランスについて、
専門的な考えがあるのはわかるけれど、、。
d0147727_192444100.jpg

 師匠のお弟子さんにそのことを愚痴ると、
「あーまたやっちゃいましたか。継ぎ直すこともできますけど」

 どうも師匠の思い込みの先走りは、よくあることらしい。

 そこまでのこだわりもない私は、脚の切れ端はきちんとしまって、テーブルは普通に
使っている。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-08-25 19:45 | 古民家修復  

<< 卒業旅行 初ドライブ >>