こだわりのシンク

d0147727_841657.jpg
d0147727_855240.jpg
台所のシンクは2つに別れている方がいい。
 
 シンクはネットで、蛇口は曙橋で見つけた。
台は洋書でイメージしたものをオーダー、ペンキは自分で塗った。
 
 シンクは埋め込みではなくて、台の上に乗っかっている、その感じがいい。

 シンクに続く中途半端な作業台はいらない。大きなテーブルを作業台にすればいい。


d0147727_8302829.jpg
 そんな数々のわがままで出来上がったのがこのシンク。

 最後に亀さんが、シンクに渡して使える、長めのヒノキのまな板を作ってくれた。

 それで完成。

 私にとっては、とても使いやすいシンクができた。
 ただし、10cmの身長差のある母には、ちょっと高くて不便らしい。
 
ごめんなさい。
d0147727_8315333.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-08-05 08:46 | 古民家修復  

<< モロッコでであった怪しいもの フェズの働き者 >>