79番地

 大工の亀さんは、頼むとなんでも作ってくれる。浄化槽のポンプがむき出しだったので、箱を作って隠して欲しい、と頼んだら、こんなに素敵な小屋が出来上がった。
d0147727_21374994.jpg

 これに味をしめて、今度はポストをお願いしてみる。素敵でしょ。 
d0147727_21383395.jpg

 しかし作った当人の亀さんは「ポストに見えるかなあ」とずいぶん心配顔。そこで、私は〒マークを探した。でもなかなかみつからないので、とにかく番地をつけてみた。
 そうここはただの79番地。
d0147727_21385385.jpg

 子供の頃は番地なんていらなかった。でも最近の宅配業者は番地がないと引き受けてくれない。だからここが79番地ということは最近知った。

 東京で集めた物を、今日また期日指定の宅配で送った。自分で送った物でも、開ける時はちょっとわくわくする。今回は電話器と箒とアジアンフードと、、、。そうそう料理の本も何冊か送った。
 今回の熊野滞在では、料理と器の写真にトライしてみようと思っている。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-07-05 22:10 | 古民家修復  

<< Savignacのポスター あまじまい >>