洗面台の謎の穴

 廊下の1部にスペースがあったので、そこには洗面台を取り付けた。d0147727_8344262.jpgd0147727_8392666.jpg

d0147727_8363765.jpg 
 この洗面台も実は元々は母屋の2階にあったもの。使っていなかったので、取り外して持ってきてしまった。こびり付いた汚れは歯磨き粉で落として。この形、かなり気に入っている。
 洗面台はここにも沢山あったのだが、変わった形のものは、最初に取り外してA氏が持っていき、プロの集まる市場でどこかのおば様に買われたらしい。
 回りの雑貨は色々な場所でみつけてきたもの。京都でタオルかけを、松戸で壁掛けの棚を、八王子でランプを買った。そうそうスイッチは通販でみつけ、足台は古い仕事場から頂戴したもの。改めて確認すると、全国を渡り歩いて集めてきていることに気が付く。本業もこのくらい精力的にやればいいのに、と少し反省している。
 
d0147727_8593978.jpg 石鹸置きのくぼみと、排水用の穴?がある。たしか子供の頃、祖母に「うがいをした後は、この穴に吐き出すように」と言われた気がするのだが。どなたかこの穴の使い道をご存知ありませんか?

[PR]

by mobiliantichi | 2008-07-02 09:23 | 古民家修復  

<< 紫陽花の島 憧れのニューヨーク >>