世界遺産の植物園

 今年は日本の桜を見ることはできなかった。でもそのかわりに沢山のイタリアの花を見た。そして沢山の写真を撮った。パドヴァでは晴れた日に世界遺産の植物園に行った。きっととても古い植物園なんだろう。入口をはいるとすぐ満開の花が出迎えてくれた。d0147727_10131666.jpgd0147727_1055345.jpg

d0147727_1061976.jpgd0147727_1065112.jpg

 外はまだ空気が冷たいけれど、温室の中ではさまざまな植物が元気に春を謳歌していた。
d0147727_1083411.jpgd0147727_1085226.jpg

d0147727_109857.jpg
d0147727_1092539.jpg


 「Giappone」という表示には自然と目が行く。いかにものGiapponeな竹の隣にあったのは、熊野の石垣に沢山生えくる「ごんぱち」のようだ。引っこ抜くのに手を焼いた雑草。もちろんここでは大切にされている。まさか1858年から?
d0147727_1010169.jpgd0147727_1010206.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-05-18 10:44 | 海外旅行  

<< 唯一の和室は Junk Garden >>