3年がかりの収穫

d0147727_8345329.jpg
熊野の庭にはどんぐりの木があった。修復を始める時に亀さんに頼んで、ほとんどの巨木は伐採して、切り株は畑に放置していた。ある日亀さんとホームセンターに行くと椎茸の菌が売っていた。早速購入して亀さんが持っていた専用のドリルでどんぐりの木の切り株に穴を開け、菌を植え付けた。日陰の銀杏の木の下に置いて、椎茸がいつ出てくるか楽しみに待った。
 1年目、全く変化はなかった。
 2年が過ぎたある日、1個の黒ずんだ椎茸らしき残骸を発見し、携帯で写真を撮って亀さんに報告した。自分のやり方が悪かったのではないかと気にやんでいた亀さんはとてもうれしそうだった。
 3年目になった。私が不在のある雨の日、5個の椎茸が隣人に発見された。
d0147727_985196.jpg
隣人は収穫して干し椎茸にして保存してくれていた。母は今年のお正月にこの干し椎茸で美味しいお雑煮を作った。
 私がどんぐりの木を見ると椎茸はすでにどんぐりの木にくっついたまま干からびて、ナメクジの通った光る粘液の跡があった。
d0147727_834617.jpg

 この3月に母は熊野の家で親戚にも配れるほどの大量の大きな立派な椎茸を収穫した。焼き椎茸はとても美味しかったらしい。私が1ヵ月ぶりに熊野に行くと椎茸は全く見られず、食べられそうもないキノコが生えていた。
 今回の滞在では熊野から東京に戻る日が雨。そしてここ数日は雨模様だ。きっと私がいない間にまた椎茸が生えてきているのではないか。私は椎茸にはほとほと縁がない。
d0147727_8351459.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2008-05-13 09:24 | 食べ物  

<< 古箱修復 情けない動物園 >>