世界遺産の小さな街

 旅発つ前に数人のイタリア人にお勧めの場所を聞いてみた。みんなが絶対に行くべきと言ったのは日本人にはまだあまりなじみのないcinque terre。
d0147727_1851696.jpg


 cinque terre は5つの小さな湾にできた5つの小さな街の総称で、世界遺産に認定されている。海沿いの道やぶどう畑、オリーブ畑の間の小道を散歩するためにイタリアだけでなくフランスなどからも沢山の観光客が訪れる。
d0147727_18143411.jpgd0147727_18205932.jpg
d0147727_18221677.jpg


 サボテンや花の咲くなだらかな道、断崖絶壁を見下ろす道、オリーブ畑の石畳の急な坂道、海を臨む山頂のぶどう畑を歩きながら私はなぜか熊野のことを思った。熊野に似ている。海は同じ。石畳の山道や海を見下ろす道も同じ。世界遺産に認定されてもいる。山と海が迫っているため、交通が不便なところ、段々畑になってしまうところも同じ。
 でももしイタリア人が日本人に「日本のどこがお勧め?」と聞いても熊野と答える人は絶対いないだろう。どこが違う?確かに熊野の家は色とりどりではないし、しゃれた教会もない。
でも熊野には温泉も清流も滝も神社もお寺もある。
d0147727_1881696.jpg

d0147727_1812328.jpg

 あった。大きな違い。cinque terreでは太陽は海に沈む。一方で熊野では太陽は海から昇るのである。この違いはどうしようもない。山歩きをしながら海に沈む夕陽を見る恋人たちは多くても、朝暗いうちから山登りを始めて海からの朝日を見るのは希少な山男くらいなのか。d0147727_1823514.jpgd0147727_1894727.jpg
 5つの街は当然小さな漁村なのかと思ったら、漁をしているのは2つの街だけ。船は観光用らしい。それでも新鮮な鰯とすみいかを見つけてイカ墨のリゾットと鰯のフリットを作ったり、きれいな夕陽が見えて、素敵なお爺さんカメリエーレのいる美味しいレストランで魚三昧の食事をした。d0147727_18234293.jpgd0147727_18251667.jpg
d0147727_1824555.jpgd0147727_18253745.jpg
 cinque terreは美味しい魚料理と美しい自然に富んだ街。日本人の観光客もきっとこれからどんどん増加するだろう。でもイタリアまで行かなくても、美味しい魚料理と美しい自然に富んだ場所なら日本にもあることを思い出して、ぜひ熊野にお越しを。d0147727_19192365.jpg
                          (熊野)
[PR]

by mobiliantichi | 2008-05-10 19:36 | 海外旅行  

<< San Pietro in v... 憧れの生活 >>