旅行記その2 「砂漠も好きかも」 

 d0147727_222801.jpg
昨年6月にはモロッコに行った。とにかくとってもとっても遠かった。エミレーツ航空で羽田から関空へそしてドバイで乗り換えてカサブランカへ。日本は日が昇る国、モロッコは日が沈む国。


d0147727_22142784.jpg
マラケッシュのリヤドに泊まり、3時間のドライブの末にたどり着いた世界遺産の町アイト ベン ハッドゥは干からびていた。そこは沢山のハリウッド映画で使われる砂漠の街、そして驚くべきことに今でも住んでいる人がいる。街の前は雨季には河になるそうだが、川底の石ころは完全に乾いている。


d0147727_22401298.jpg
 コウノトリは全く元気だ。現地のガイドの案内で水のない河を渡り、街へ。そして街の上の丘の頂上を目指す。ガイドは途中で、「後はがんばってねえ」と日本人を送り出して休憩。私だって断念したかった。


d0147727_22183418.jpg
 そしてやっとのことで登った頂上からの景色は、、、。予想通りの砂漠だった。ここに置いてかれたらあっっと言う間に干物になる、、。


 帰り道の土産物屋ではなんだか怪しげなものが並んでいる。半分熱射病の状態では品定めも不可能。とにかく日影に寝転ぶ。暑過ぎて息が肺まで入っていかない。砂漠ツアーに参加しなくて良かった。
d0147727_22171340.jpgd0147727_22175015.jpg


 帰りのドライブで電気の話が出る。「モロッコの電気は水力発電が多い」「どこに河がある?」「河は途中に沢山流れていたではないか」 私にはほとんど木もない土の山にしか見えなかった。出国のためのビザを滅多に手にすることのできない彼らに、日本の緑を見て貰いたいと思った。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-02-29 23:44 | 海外旅行  

<< 処置室は出入口へ 超高級椅子 >>