出会いは最悪

 ある日溜池山王の地下鉄改札横の小さな本屋で
「ほんもの」のアンティーク家具 
という新書を見つけた。本を購入してアンティーク好きの友人にも紹介した。彼女がHPで著者の店を調べたところ、修復講座をしている、という。海外暮らしが長く、アンティーク好きな彼女の家には沢山の修復の必要な家具があった。
 はじめてそのアンティークショップに彼女と訪れた時、まさかこんな長い付きあいになるとは思っていなかった。本の著者で店主のS氏は他のお客さんと仏教音楽について語っていた。お店の中を一通り物色した私達はおそるおそる「修復講座を受講したいのですが、少し暖かくなった春くらいに」と声をかけた。詳細を説明した後、店主は言った。「冬の講座がこれで人数が揃いましたからやりますよ。春は開催するかわかりません。丁度同世代50代の女性の方達ですから」私達はその瞬間、二度とこの店には来るまいと思った。決して決して私たちはまだ50代には見えないはず。
 しかし結局は「修復講座を受講した方はイギリス買い付けツアーに同行できます」という文言に惹かれて、寒い冬の修復講座に参加した。初日は雪。八王子のS氏の店は都心より数度は気温が低い。それに店は大正時代の工場を修復した物。その店でアラジンのストーブを囲んでの修復講座が始まった。確か開催人数は6名からのはず。でもなぜか生徒は私たち2名だけ。他の皆さんは直前キャンセルされたそうで。 なんだかはめられた気がした。でもそのおかげで好きな時間に講習を受けることができた。
d0147727_21305046.jpg

 そしてそのS氏がブログに登場する師匠
である。

 そしてまだ買い付けツアーは実行されていない。

 そしてこれが私の初 修復作品。この苦労話はまたいつか、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2008-01-30 21:50 | 古民家修復  

<< 発掘品その1 「純正哲学部門 ... I miei primi an... >>