ウール100%

 最近、ウール100%が気になる。
 なぜなら、フックドラグのに使える素材はウール100%だから。
 でも私、今まで洋裁とかしたことなかったので、布を見ても全くわからない。
 骨董市に行っても、綿や麻はあってもウールは見当たらない。
 日暮里に行っても、鮮やかな生地には、だいたい化繊が入っている。
 
 これは外国の軍の供給品。やっぱり綿なのかなあ。
d0147727_2159946.jpg
d0147727_21592923.jpg

d0147727_21595114.jpg
d0147727_220428.jpg

 でも、青の1本のラインが効いてるから、テーブルクロスにでもよさそう。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-15 22:21 | アンティーク  

<< 泊ったのは2回目だけど モンブランのモンブラン >>