大王埼灯台

 今回の伊勢ドライブのもう一つの目的は、フレンチ。ANAの機内誌で「シェフは熊野の出身」と書かれていたフレンチレストラン「カンパーニュ」へ。
d0147727_173638.jpgd0147727_1734862.jpg
d0147727_1742120.jpg

 熊野の素材も使ったフレンチのランチをいただいく。
d0147727_175768.jpgd0147727_1754683.jpg
d0147727_1762079.jpg

 外は青空。このままただ帰るのももったいないので、志摩の方へと足を延ばすことに。
d0147727_1765356.jpg 私のドライブはカーナビ任せなので、時々ナビにはめられる。有料道路優先になっていたため、示された方向に進んで行くと、料金所がある。そしていきなり1200円。確かに見晴はいい道路かもしれないけれど、路面も凸凹だし山道だし、そんな景色を見る余裕もなく、これなら熊野の国道42号線の方がまし、なんて思いながら帰りのためにナビを一般道優先に変更。目指すは、大王崎灯台。
d0147727_1772852.jpg d0147727_178286.jpg
 昭和2年初点灯とあるから、充分古い灯台だけれど、お気に入りの樫野崎灯台と比べてしまう。
d0147727_179568.jpg
d0147727_1795147.jpg

d0147727_17104067.jpgd0147727_1711135.jpg
d0147727_17115156.jpg

 海の景色はもちろん似ている。
d0147727_17123516.jpgd0147727_17131183.jpg かなたに走るタンカーは同じようだけれど、灯台の後ろの景色が、、。ここは街に近すぎる。
駐車場までの細い坂道に並ぶお土産物屋はかなりさびれていて、ある意味あじがある。でもここで真珠のネックレスを買う人はなかなかいないのだろう。「買ってください、欲しがって下さい」ってストレートなポスターがあった。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-12-05 17:48 | 国内旅行  

<< 猿知恵 珍しく赤 >>