速玉大社とペアルック

 実は、速玉大社はあまりにはではでしくて、いままであまり好きではなかったのです。
 でもでも、素敵な「連れ」と一緒だと、なんだかとってもいいんです。
 はで、ではなくて、ポップなんです。神社なのに、うきうきしてしまうんです。
d0147727_18575474.jpgd0147727_1858318.jpg
d0147727_18584686.jpg

d0147727_1859455.jpgd0147727_1901412.jpg
d0147727_1903229.jpg

 遠路はるばる熊野に来て下さった、chamekoさん、きゃおきゃおさん。仕事の都合で、一日しかご案内できませんでしたが、少しでも熊野を好きになっていただきたくて。晴れ女のわたくし、力いっぱいがんばって、前日の雨を吹き飛ばしました。
d0147727_18573569.jpgd0147727_1905064.jpg

d0147727_1911589.jpg
 うきうきついでに、なんとか自分と速玉大社を一緒にカメラにおさめたくて、こんなことしてしまいました。
 だって、chamekoさんが下さったこのセーター、速玉大社とお揃いなんです!
d0147727_1931557.jpgd0147727_194990.jpg
d0147727_1943775.jpg

 なんとこれは、数十年前にchamekoさんが、イタリア語の編み物の本を読破して、編み方を習得し、さらにどこもはがずにセーターになるように改良して編み出したchamekoオリジナルのセーターなんです。
 家に帰っても、手を伸ばしたり、鏡を使ったりしてセルフポートレイト。母には取り扱い説明書を読まなきゃだめじゃない!と怒る私ですが、自分は全く読まずに最低限の機能で満足しています。でもせめてセルフタイマーのやり方ぐらい読んどかないといけませんね。反省。

 着心地満点の暖かいセーターのおかげで、今年の冬はぬくぬくです。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-29 19:34 | 熊野自慢  

<< 3人旅の続き どこをとっても >>