どこをとっても

 どこをとっても、ドラマや映画の1場面で使えそう。そう思っていたら、やっぱり、、、、。
d0147727_16485965.jpg

d0147727_16535477.jpgd0147727_16544270.jpg
d0147727_16552730.jpg

d0147727_16582567.jpg
 先日放映された昭和の香りのテレビドラマ。あれ、大御所の2枚目俳優が出てくるこの建物、この柱の模様、どこかで最近見たような、、、。噴水もまさにここ。
この建物だって、

d0147727_16591695.jpgd0147727_16571672.jpgd0147727_1657396.jpg

d0147727_170103.jpgd0147727_16563672.jpg
 この建物だって、 

これだって、これだって、これだって
d0147727_1712560.jpgd0147727_172828.jpg
d0147727_1725596.jpg


 もちろんチャペルだって、、、。

d0147727_1741795.jpgd0147727_1743814.jpg
d0147727_1752644.jpg

 ということで、見どころ多すぎて、全く写真の整理ができません。細かなパーツがいったいどの建物のものだったのか、、、、。
 神戸女学院、また行かなきゃ。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-28 17:27 | 国内旅行  

<< 速玉大社とペアルック 晩秋の朝の似合う器 >>