一息入れて

 建物ツアーの写真はまだまだ続くので、ちょっと一息、食べ物ネタを披露。
 今回のツアーは、神戸在住の友人のそのまた友人が、女学院のOGに頼んでくださって、実現したもの。ツアーを終えて、3人でそのOGの方のいらっしゃる喫茶店に立ち寄った。そこはとあるスジのマニアの方には聖地といわれている喫茶店だという。(怖いスジではありません、とても高尚なスジ)予定よりもだいぶ遅くなったので、美味しいコーヒーだけいただき、やおらお土産の交換が始まった。「まさに関西のおばさんの図」とのコメントをいただき、なぜかベトナムのお菓子が登場。きなこを固めたような不思議なお菓子。そして、解散となった。
d0147727_961684.jpgd0147727_963575.jpg
d0147727_97193.jpg

 私の宿は大阪駅に直結したホテル。そこで、彼女たちに、お勧めの大阪一人夕食の店を聞く。折角なら大阪らしいところに、と言うと、阪急梅田駅の焼き鳥屋を紹介してくれた。お酒を飲まない私は、普段焼き鳥屋に入ることはないのだが、実は焼き鳥大好き。勇気をだして、のれんをくぐる。だってその店には、レディースって書いてあったから。格好つけて、黒ビールなんて頼んだけれど、(それが一番量が少なそうだったから)焼き鳥の注文の仕方が解らない。お店の人が気を利かせて、色々だしてくれた。大満足。そしてホテルへと歩く途中でたこ焼き屋発見!でもたこ焼きを食べるにはお腹がいっぱい。するとありました。2個のたこ焼きをお煎餅で挟んだ、たこせんなる食べ物が。120円のお値段にも惹かれて、挑戦。後で聞いたのだが、これはマヨネーズやソースが食べているうちに横や後ろからはみ出さないように、たこ焼きがノリの役目をしているとか。確かにハンバーガーやホットドックなどと違って、手を汚さずに食べ終えることができた。関西人恐るべし。d0147727_97461.jpgd0147727_98662.jpg
d0147727_982174.jpg

そしてホテルで開けて、と言われた友人からのお土産には、ホテルの部屋でいただく美味しい紅茶と、手作りのオレンジピールにそれと一緒にとチョコレート。狭いビジネスホテルの部屋が、急にどこかの高級リゾートホテルの部屋に変わったよう。ツアーをご一緒させていただいた素晴らしい皆さまに感謝です。(熊野に持ち帰ったお土産もあるので、それの紹介はまた今度)d0147727_911104.jpgd0147727_995299.jpg
d0147727_91044100.jpg


 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-20 09:43 | 食べ物  

<< 紅葉の似合う瓦 乙女の憧れ >>