発掘品その13 「図面」

 久しぶりの発掘品シリーズ。
 熊野の家の図面を探していたら、金庫から出てきた図面。でも熊野のどの家ともあわない。どうも曽祖父が下北山村に建てた、最初の診療所の図面のようなのだ。
 虫食いはあるけれど、赤や黄色の色の残った図面は絵になる。
d0147727_2121723.jpg

d0147727_2125312.jpg
d0147727_213281.jpg

d0147727_2134437.jpg
d0147727_21353100.jpg

d0147727_214121.jpgd0147727_2142657.jpg
d0147727_2143639.jpg

 もう一枚は妖怪学を学んだ曽祖父らしい図面。この図面、実は結構大きい。どうやって保存したらいいのか、ずっと悩んでます。
d0147727_2144810.jpg

d0147727_2153097.jpg
d0147727_2154394.jpg

d0147727_216870.jpg
d0147727_216288.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-04 21:23 | 古民家修復  

<< 動物コレクション その25: 狸の2 思い出の甘味 その5: ROZA >>