思い出の甘味 その5: ROZA

d0147727_2003172.jpg 
 この街に来ると、確かめずにはいられない。
 まだROZAがあるかどうか。
 まだあのロシア風のチョコがあるかどうか。
 まだあの双子のシューがあるかどうか。
 
 あった!!
d0147727_2004445.jpgd0147727_2005564.jpg
d0147727_201429.jpg

 お店は開いているのだけれど、どなたもいない。写真を撮っていると、外から上品な老齢のマダムが戻っていらした。「まあごめんなさい。お待ちになったかしら。ちょっと外が騒がしかったものだから。」さてここで慌てず、この街での会話モードに変身。「今来たところです。懐かしくて、ケーキもチョコレートも。子供の頃よくケーキを友人の家でいただいたんです。学校が近かったもので。この街もずいぶん変わりましたね。」マダム「私でも駅の前の道は知らないお店ばかりになって。うちは全く変わっておりませんのよ。チョコもケーキも昔のままで。お住まいはどちら?現金書留をお送りして、配送もやっておりますよ。夏場ならチョコレートには氷をお入れして。」
 高校1年の頃、一番仲の良かった友人はシモーヌと呼ばれていた。学校帰り、ROZAの前を通ってよくシモーヌの家に遊びに行った。学校帰りに寄っていいのは本屋だけだったので、ROZAでシューを買うことはできなかった。でもシモーヌの家に着くと、ちゃんとROZAのケーキが出てきた。当時でもROZAのケーキはクラシカルだった。シモーヌはそこがいい、と言っていた。
 
 もちろんチョコとシューを買って、シューは駅前のベンチで食べてみよう。
d0147727_2013522.jpgd0147727_2014993.jpg
d0147727_2021853.jpg

d0147727_2032972.jpgd0147727_2034870.jpg  85歳位ではないかと思われるマダムは何度もレジと格闘して、20円おまけしてくれた。そして、シューを食べてみる。きっとマダムのご主人はさらに年上の方にちがいない、そんな気がした。
d0147727_2041382.jpgd0147727_2010978.jpg
 チョコは熊野に持ち帰ってきた。この包装紙、全く変わっていない。文字はロシア語。子供だったからか、ウイスキーボンボンは記憶にないけど。他の包装紙はたぶんどこかにとってあるはず。いつか探し出して、比べてみよう。
d0147727_20102562.jpgd0147727_20103936.jpg
d0147727_20105869.jpg

d0147727_20113154.jpgd0147727_20114617.jpg
d0147727_2012987.jpgd0147727_20122465.jpg
d0147727_20123690.jpg

d0147727_20133821.jpgd0147727_20135269.jpg
d0147727_2014816.jpg d0147727_20142426.jpg
d0147727_20144330.jpg

d0147727_20154548.jpgd0147727_2016422.jpg マダムは最後にこう言われた。「まあ、楽しくて、すっかりおしゃべりしてしまったわ。またお越しくださいね。今度いらした時には、わたくしは消えてしまっているかもしれませんけれど。」「いつおうかがいできるか解りませんが、お元気で」そう言って私はROZAを後にした。
d0147727_20164585.jpgd0147727_20171791.jpg
d0147727_20172914.jpg

d0147727_2017512.jpgd0147727_2018490.jpg 私が12年間学校に通ったこの街は、すっかり様変わりしてしまった。広い庭に古い洋館、そんなお屋敷は一つもない。街路樹の銀杏だけが、シモーヌと私の冒険を知っている。
d0147727_21285970.jpgd0147727_21292258.jpg
d0147727_21294512.jpg


 チョコはちっとも変っていなかった。ロシアが憧れの地だった時代の味なのかもしれない。
 ROZAはずっとROZAのまま。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-11-03 21:44 | 食べ物  

<< 発掘品その13 「図面」 家がつないでくれたもの >>