ハロウィンの花

 今ではすっかりメジャーな季節行事になった、ハロウィン。
 子供の頃、ニューヨークに暮らす友人から、その話を聞いた時、アメリカというのは、子供にとっての宝島だ、と確信した。ディズニーランドがあって、トリプルのアイスがあって、顔より大きなピザがあって、家にはクリスマスにサンタが入って来れる煙突があって、、、。
 その上「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!」と言いながら、家を回るお祭りだなんて!!
d0147727_1836824.jpg
d0147727_18362415.jpg


 残念ながら、そのお祭りの恩恵にあずかることも無く、大人になってしまった私。
 仮装partyには心踊らされないので、今の日本のハロウィンには興味なし。
 お花の教室で習った沢山のハロウィンのアレンジも、出番は1度もなし。
d0147727_18364141.jpg
d0147727_18365690.jpg


 そんな私に追い打ちをかけるような事が最近判明した。
 それは、 熊野の一部の地域には、ハロウィンのように、子供達が近くの家々を回って、お菓子を貰うお祭りがあるという事実。なんということだ、アメリカに行かなくても、宝島は熊野にあったんだ、、、。子供の頃その事を知っていたら、、、、。

 
 
 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-31 19:20 | 手工芸  

<< 家がつないでくれたもの たまには >>