マッチラベル

d0147727_18325070.jpgd0147727_183376.jpg
 気持ちのいいお天気に誘われ、久しぶりに行った大江戸骨董市。
 西洋アンティークのお店が年々増えているようで、骨董市自体の雰囲気も変わってきているようだ。
 なぜか今回は最初から紙ものが気になる。いくつもの店で、見かけたマッチラベルを3か所で購入。
d0147727_1833566.jpgd0147727_18341599.jpg
 選ぶポイントは何?とお店の方に聞かれて、動物、と答えたら、動物の何?とさらに追及される。こういう紙コレクターの方には、こだわりの強い方が多いらしく、象だけ集める方、鹿だけの方などなど。猫グッズばかり売る店、と言うのは聞いたことがあるけれど、、、、。
d0147727_18343919.jpg
 私はその動物が可愛ければOK。こだわりなし。

 その中で、今回の一押しは、日本製のこのマッチラベル。昔はマッチは日本の大きな輸出産業だったようで、三井物産なんて書いてあるマッチもあった。

 かさばらなくて、値段も数百円。骨董市に行く度に、しばらくマッチラベルでも集めてみようかなあ。

 (スキャナーで取り込んだら、なぜか大きな余白が、、、。間が抜けてるけれど、面倒なので、このままアップしちゃいました)

[PR]

by mobiliantichi | 2010-10-06 19:05 | アンティーク  

<< オーベルニュの小さな器 お綱掛け神事 >>