ハイド記念館

d0147727_19424915.jpg
 今回の旅の目的は、ヴォーリズ建築を見ること。近江八幡はヴォーリズが近江兄弟社を作って、暮らした街。沢山の建物が残っている。まずは中を見学できるハイド記念館へ。
d0147727_19442056.jpg
d0147727_19444643.jpg

d0147727_19453981.jpgd0147727_19572970.jpg
d0147727_20183240.jpg

d0147727_19585658.jpgd0147727_19591666.jpg
d0147727_19594734.jpg

d0147727_201419.jpgd0147727_2014398.jpg
d0147727_2021683.jpg

d0147727_2024767.jpgd0147727_2034239.jpg 数年前までは、実際に幼稚園として使われていたこの建物。子供の高さに合わせた作りが、随所に見つけられる。
d0147727_2045044.jpgd0147727_2053228.jpg
d0147727_20281436.jpg
d0147727_2055195.jpg

d0147727_2061537.jpgd0147727_2063769.jpg
 幼稚園の子供達のための椅子。それがこの建物になんと似合うことか。
d0147727_2074113.jpgd0147727_2082567.jpg
d0147727_20202057.jpg

記念館となってから置かれたこのトランクは、ヴォーリズがアメリカから実際に自分の荷物を運んだもの。イニシャルも残っている。この中に、何を詰めて、日本に着いたのだろう。まさか日本に沢山の学校や邸宅を作り、メンソレータムを売り、日本人となって、生涯を終えるとは思っていなかっただろう。
 今回、沢山のヴォーリズ建築を見たけれど、ここが一番。なぜなら、ここには子供達と楽しく遊ぶヴォーリズ夫妻の笑顔が残っているから。そんな気がする暖かい建物だった。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-23 20:52 | 国内旅行  

<< 日牟禮カフェ ひこにゃんに会いに >>