帽子の思い出

d0147727_197214.jpgd0147727_1971650.jpg 
 ここ数年の気になるアイテムは帽子。
 でもおしゃれじゃない私には、なかなかかぶる機会が無い。
d0147727_1974240.jpgd0147727_1982867.jpg 特にこの帽子は、数年前に買ってからずっと箱の中。
 
 実は私、頭がでかい。中身は年齢相応の委縮、と言われたこともあるのだけれど、頭蓋骨はかなりでかい。だから女性物の帽子ではサイズがない。入るとうれしくなって、ついつい買ってしまう。
d0147727_1991259.jpgd0147727_1993644.jpg
 熊野でも寒さよけ、日差しよけとひとつ、またひとつ。

d0147727_1964645.jpg 私の小学校は、セーラー服に紺の帽子でランドセルは黒。家の近くの小学校の女の子達は、黄色の野球帽のような帽子に、ぼろぼろの赤いランドセル。それで4,5人で楽しそうに学校に駆けて行く、とってもかっこよく見えた。バス通学の私は一人バス停まで歩く。「ちっちゃな中学生」なんてすれ違いざまに言われたりした。私は3年生のころから帽子もランドセルも辞めた。小学校卒業間近になって、クラスメイトの黒いランドセルは潰れて年季の入ったいい味になっていたが、私のランドセルはピカピカのままだった。今さら後悔しても遅い、そのことを痛感したのは、この時だった。
 私のあの帽子とランドセル、どこにいっちゃったんでしょうね。 

 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-16 20:21 | つぶやき  

<< ちょっと逃げ出します 炎天下の名古屋で >>