地理的には熊野とはちょっと言えないけれど

 熊野に移ってから好きになった物。神社と灯台。
 今回の神社は瀧原宮。杉の間、砂利道をまっすぐ歩く。
d0147727_1959527.jpgd0147727_2003155.jpg
d0147727_2014650.jpg

 入口の立て札、この文面いいなあ。辿り着いた先は、いい感じのお社が並ぶ。
d0147727_2031223.jpg
d0147727_2033482.jpg

d0147727_2042490.jpgd0147727_2044653.jpg

 やっぱり神社はこのシックな感じがいい。
d0147727_2092994.jpgd0147727_2095181.jpg
d0147727_2010296.jpg

d0147727_20111031.jpgd0147727_20123674.jpg
d0147727_20125053.jpg

d0147727_20131537.jpgd0147727_20143153.jpg
 この白と黒の境界にはきっと何か意味があるのだろう。
 シックモダン。

 足で崩したら、やっぱりばちがあたるのかなあ。

d0147727_20134387.jpg ここは大宮大台という紀勢道のインターの近く。熊野から伊勢に行くには国道42号をひたすら走って、高速の入り口は大内山。大宮大台はその次のインターなので、高速が伸びてからはめったに寄らなくなった場所。廃屋を修復していた数年前は、ここまでしか高速が無かったので、このインターは懐かしい場所。だから、ここも私には「熊野」。神社の前のお店だって、「くまのや」。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-09-09 20:48 | 熊野自慢  

<< 珍しく古着それも柄物 暗雲 >>