英雄の騎馬像

 この夏、生まれて初めて熊野を訪れた姪に大好きなあの灯台を見せたくて、兄の家族を本州最南端の先っぽに突き出た大島まで連れていった。すると灯台の手前になにやら立派な騎馬像があるではないか。あんなものいつできたの?
d0147727_11401735.jpg

d0147727_11411224.jpgd0147727_11412988.jpg
d0147727_11421776.jpg

どうもこれはトルコの初代大統領らしい。そう言えばイスタンブールでは、この顔をいろんな場所で目にした。たしかお札にも印刷されていたはず。地元のガイドはこの大統領はトルコ国民の英雄だ、と言っていた。
 そしてこの像、実は新潟から送られたものらしい。なんでも新潟地震で倒壊して、そのまま放置されていた像を、東京で修復して串本まで運んだというのだ。なぜ新潟にトルコの大統領のこんなに立派な騎馬像があったのか?
d0147727_11432518.jpgd0147727_11435642.jpg 灯台に登って黒潮を眺めた帰り、あまりの暑さにクーラーのきいていそうなトルコ記念館に入ってみた。250円の入館料をけちって、今まで実は入ってみたことが無かったのだ。
 最近、明治の時代にここで沈没したトルコのエルトゥール号の積荷の引き揚げが行われたけれど、残念ながらお宝ザクザクというわけにはいかなかったようで、記念館にはお皿の破片や錆びだらけの銃くらいしかなかった。でも係りの人は、親切に船が沈没した場所を教えてくれた。左の写真の一番上の岩。こんなに陸に近いのに、数百人が亡くなった。でも生き残った人達に、この島の人達が自分の乏しい食糧や衣服を分け与えたことは、トルコでは小学校の教科書で習う有名な話だという。
 1985年、イラン・イラク戦争の最中にテヘランの空港から日本人265人を救出したのは、トルコ航空機だった。それはフセインが航空機はすべて撃ち落とす、と言ったリミットの75分前だったという。後になって元駐日トルコ大使は、「エルトゥールル号の事故における日本人の献身的な救助活動、トルコの人たちは決してそのことを忘れていません。」と言ったという。そして120年前に、地元の人がトルコ人を助けたことへのお礼のために、先日トルコの国家元首がここを訪問したという。和歌山県に国家元首が来たのはそれが初だとか。
 トルコ人は本当に恩を忘れない人なんだね。


[PR]

by mobiliantichi | 2010-08-14 11:47 | 熊野自慢  

<< お盆だからかもしれない。 「アメリカ」で思い出すのは >>