羽二重団子を食べに行ったわけではありません。

d0147727_20361764.jpg
d0147727_20371167.jpg

 極端な性格である。何かを始めると、しばらくはとにかくはとってもせっかちに、集中してしまう。そしてほとんどの場合は、熱が引くと忘れ去る。
d0147727_20383647.jpg
d0147727_20384936.jpg

 今まで刺繍、革細工、縫いぐるみ作り、お菓子作り、リース作り、etc。でもパッチワークなどの洋裁系はほとんどやったことが無いので、この街は未知の場所だった。
 問屋街は大好き。かっぱ橋で調理用具、浅草橋でクリスマスオーナメントを探す時は、ディズニーランドにでも来たみたいにワクワク。
 折角フックドラグを始めたのだから、繊維問屋街にウールハンティングに行かなくちゃ。
ということで、日暮里へ。駅を降りてまず見つけたのは、羽二重団子のcafe。ミニ団子セットに冷たい季節のお茶をいただき、燃料補給は完璧。
 沢山の洋裁マニアの人達に混ざって、生地探し。皆なんだか慣れた感じで選んで行く。沢山のお店に、山と積まれた生地、この中から、どうやって選んでいるのだろう。
 ここで大きな落とし穴が。今は7月。これからの夏に向けて売り場はコットンであふれていた。
 ウールは店の奥にほんの少しあるぐらい。

 涼しくなったころに、また出直して来ます。
 
[PR]

by mobiliantichi | 2010-07-14 21:27 | 食べ物  

<< フックドラグ途中経過 緑の器 : その6  「肉汁の... >>