つぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつ

d0147727_20162534.jpgd0147727_20164216.jpg
d0147727_2017412.jpg

d0147727_20173349.jpg 亀さんは覚えていてくれた。私がやまももを食べてみたい、と言っていたことを。我が家には大きなやまももの木がある。昔は3本ほどあったようだが、今は1本だけ。そして1本だと実をつけない。 残念なことに、私の記憶の中には「やまもも」は登場しない。近所の人から「ここにやまももを良く取りに来た」とか、「おばあさんがやまもも酒を作っていた」などという話を聞くと、どうしても口の周りを真っ赤にするくらい、やまももを食べてみたかった。
 赤黒く熟す一歩手前だけど、と言って日曜日の今日、採ってきてくれた。自分の分は明日でもまた行けばいいから、と言ってザルにたっぷり2杯分のやまももを全部。
 実験開始!
 折角だから色々試してみよう。

d0147727_20201793.jpgd0147727_2021119.jpg
d0147727_20213187.jpg

d0147727_20223197.jpgd0147727_20225589.jpg ブランデー、ウォッカ、焼酎、ジンと200mlの小瓶で、氷砂糖を入れてみたり、入れなかったり。砂糖とレモンでシロップに、それにジャムも。
d0147727_20232629.jpg

    そしてもちろん甘く熟していそうなのは、そのまま
    ぱくぱくぱくぱくぱく ぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅ
やまももは傷みやすくて、ほんの一時期のもの。夏休みしか熊野に来なかった私の記憶にないのは、そのためだろう。この食感、一度食べたら忘れるはずがないもの。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-06-27 21:01 | 食べ物  

<< イササジコン 一応、嫁入り前 >>