大阪市中央公会堂

d0147727_19341325.jpg
d0147727_1936275.jpg

 大正7年(1918年)に建てられ、平成14年までで耐震、改修工事が完了した重要文化財。ネオルネッサンス様式のレンガ作りの建物の設計には、岡田信一郎、辰野金吾、片岡安などが関わったそうだ。どこかで聞いたことのある名前ばかり。まずは周りを一周してみよう。d0147727_19362058.jpgd0147727_19364070.jpg
d0147727_19371136.jpg

d0147727_19373552.jpgd0147727_19383611.jpg
d0147727_1939425.jpg

d0147727_19403512.jpgd0147727_19411212.jpg
d0147727_19421886.jpg

d0147727_19423678.jpgd0147727_19431342.jpg
d0147727_19433737.jpg

 でもこの公会堂、私は外見よりも中見が好き。洋館の階段はどこも素敵だけれど、ここは階段の周りや、踊り場も雰囲気がある。そしてそれが今も使われているなんて、日本じゃないみたい。d0147727_19441149.jpgd0147727_19443867.jpg
d0147727_19463475.jpg

d0147727_19465889.jpgd0147727_19473294.jpg
d0147727_19485563.jpg

d0147727_1949228.jpgd0147727_19493624.jpg
d0147727_19503553.jpg

d0147727_19504979.jpgd0147727_19511268.jpg
d0147727_1951309.jpg

d0147727_19515219.jpgd0147727_19521141.jpg
d0147727_1952386.jpg

d0147727_19525475.jpgd0147727_19541237.jpg
 耐震工事の方法や、その時に発掘された、基礎の柱が展示されていた。建設には5年以上かかって、のべ18万人が関わったという。この基礎の木の上に、こんなレンガの建物がのっかっていたなんて、この木はえらいと思いませんか。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-06-09 20:16 | 国内旅行  

<< 浮気者です 子供時代のワクワクした思い出は >>