まめまめまめ

 亀さんからの電話は2回に1回は「○○さん!(このアクセントが独特)▽▽食べるかい?」
 この電話、もちろん私の答えはいつも同じ。「もちろん!」
 亀さんは腰が軽くて丁寧に仕事をしてくれるので、地域の人達から色々な雑用を頼まれて、その報酬が食べ物の事が多いようで、私は何もしないでそのおこぼれにあずかっている。今回はソラマメ。
ちょっと小振りのソラマメのさやを剥くと、中から紫のマメが現れてびっくり。でもその中にはまた黄緑のマメが入っていた。
d0147727_18541435.jpgd0147727_1855064.jpg
d0147727_18551444.jpg

d0147727_18554958.jpgd0147727_18561630.jpg
d0147727_1857355.jpg

d0147727_18575752.jpgd0147727_18581295.jpg
 子供の頃から、お手伝いで一番好きだった作業は、マメのスジ取り。何も考えずに続けると、結果が目の前に山づみになる、それが快感だった。ソラマメの場合はさやのかさが多いから、達成感も大きい。ついつい夢中になりほとんど剥いてしまった。
d0147727_18585055.jpgd0147727_18591381.jpg
d0147727_18593676.jpg

さやごと焼いてみたり、軽く茹でてお弁当に持っていったり、黒米と玄米と一緒に炊いてみたり。私の熊野生活、季節の味を堪能するには、やっぱり亀さんは欠かせない。d0147727_19079.jpgd0147727_1912156.jpg
d0147727_1923826.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-05-25 19:29 | 食べ物  

<< 珍しく花柄が気にいって 開校百年の廃校 >>