新宮城跡 終盤の花見

d0147727_18591356.jpgd0147727_18593522.jpg
d0147727_19262511.jpg

d0147727_1922087.jpgd0147727_1925253.jpg
 今年は長く楽しめた桜も、さすがにそろそろ終わり。新宮城址の公園に行ってみる。石段と石垣が残る小高い公園は、360度のパノラマビュー。石段を上り、本丸址へ。
 遠くには海が見える。
d0147727_1943037.jpgd0147727_1958100.jpg
d0147727_19201813.jpg

 後ろには連なる山が見える。
d0147727_1953314.jpgd0147727_1972213.jpg
 横には三重県と和歌山県の県境の川が見える。川の向こうには製紙工場の煙が見える。
d0147727_198654.jpg
d0147727_1983367.jpg

 そして頭上には旋回している沢山のトンビが見える。d0147727_1984960.jpg
d0147727_19102743.jpg


d0147727_1921344.jpg
 でも終盤の花見の醍醐味は、足元を見ること。
 
 桜は散ったあとも美しい。
d0147727_1921296.jpgd0147727_19215323.jpg
d0147727_1922173.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-04-12 19:56 | 熊野自慢  

<< Che cos'e ? ⑳ Che cos'e ? ⑲ >>