古い硝子が好き

d0147727_7202291.jpgd0147727_7203333.jpg
 晴れの日は撮影会。古いガラス窓から差し込む光は、どうやったら綺麗に撮れるのだろう。
d0147727_7224071.jpgd0147727_7225344.jpg 
 透明なガラスにしか見えないのに、光はこんなに個性的だ。
d0147727_7234374.jpgd0147727_7235751.jpg
d0147727_7241532.jpg

d0147727_7255332.jpg
 海側の窓を木製サッシに変えた時、取り外した窓のガラスはできる限り窓から外してもらって、保管してある。いつかこれで何か作ってみたいので、ガラス工芸も学ばなきゃ。熊野にいると、やることは沢山ある。

[PR]

by mobiliantichi | 2010-03-26 07:36 | 古民家修復  

<< 卒業アルバム 季節外れですが。 >>