名古屋でぶらり

 週末、仕事で名古屋に一泊した。名古屋は熊野から東京に向かう時に、いつも通り過ぎるだけで、ほとんど知らない街。何となく名古屋に対しては理由なき偏見があって、私にはわざわざ観光や買い物に行きたいとは思えない街で、名古屋名物の食事も今一つそそられなかった。今回は3時間位暇な時間があったので、アンティークショップに行ってみることにした。名古屋駅から地下鉄に乗って吹上という駅まで行く。地下鉄は東京の地下鉄とあまり変わらなくて、ちょっとほっとした。駅から歩いて5分位の処に倉庫のような店があった。照明は消えていて家具にはカバーがかかっていたから、もしかしたらお休みなのか、と恐る恐る声をかけたら、奥から店員さんが現れて電気を付けてくれた。
d0147727_1851859.jpgd0147727_18512752.jpg
d0147727_18514028.jpg

このごちゃごちゃ状態に、海外の蚤の市に行ったような気分になる。どこかでお宝が私に見出して貰うのをまっているのではないか、なんて考えたりして。店員さんも全く近寄ってこないので、電気はついても暗い店内をゆっくり2周した。d0147727_18524063.jpgd0147727_1853147.jpg
そしてちょっと気になったのがこの木製のゲート。白と濃紺のペンキがべっとりと塗られている。一応店員さんにサイズを測って貰ったけれど、やっぱり下の方は結構木が傷んでいるから、熊野の大量の雨ではすぐに崩壊するかと購入は断念。
 このお店、ヨーロッパの物も、アジアの物も、現代のモロッコのタイルも扱うなんでも屋のようだった。結局なにも買わずに、お昼は近くのcafeでパスタを食べて仕事に向かった。

 その晩の宿はキャッスルホテルだったのだが、私の部屋は名古屋城の反対側で、翌朝、朝食の会場からも黄砂のためかお堀の石垣しか見えず、名古屋に来たのにエビフリャーも味噌煮込みもきしめんも食べず、金の鯱鉾も拝めず一番の紀勢線で熊野に戻って来た。
 また当分は通り過ぎるだけになりそうな予感。どなたか名古屋のこれ、というお勧めがあったら教えてください、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-03-23 19:38 | アンティーク  

<< 上を向いて歩こう 家具洗濯日和 >>