私がピアスにしないわけ

 招き猫のところでちょっと自慢してしまったけれど、私、運がいい。「棚から牡丹餅」がしょっちゅう。ちょっと紹介してみよう。d0147727_2292783.jpg 
 たなぼたその1: ある日マンションのエレベーターで、向かいに住むおば様に突然「今度の土曜日空いてます?」と聞かれ、はいと答えると、競馬に行かないかとのお誘い。マンションの奥様達で中山競馬場に行くというのだ。私は競馬なんて全く知らないと言ったら、なんでも馬主席という特別な部屋に入れる、というので参加することにした。競馬場に入るのにお金がいるのかは知らないけれど、とにかく広いお部屋で、有名な画家の絵が沢山飾ってあるところに、タダで入れた。実は競馬場の半分の土地を所有している方のお誘いだったのだ。何人でもOKだそうで、全く関係ない私まで、初めての競馬体験ができた。
d0147727_2295799.jpg たなぼたその2: ある日後輩が「切符があるので、東京ドームに野球を見に行きませんか?」と言うので上司と私と後輩とで巨人-中日戦を見に行くことに。するとなにやら特別な入口から入って、個室に通された。ソファーにテレビがあって、お弁当に飲み放題。もちろん部屋の外にはバルコニーがあって、生で観戦できるのだが、なぜかそこにいたお客さんたちは、お弁当を食べながら、テレビで観戦。この試合、開幕から連勝していた中日に巨人が勝った試合だった。


d0147727_22102124.jpg たなぼたその3: 高校時代のサッカー部の友人から突然の電話。「明日、暇?」もちろん暇だ、と答えると、サッカー見に行こうという。ワールドカップのイングランド-スウェーデン戦。そういえば彼女に名前を貸して、ワールドカップの観戦申し込みのはがきを出したことを思い出して、それが当たったのかと思ったら、そうじゃないという。そして、「一応ちょっときちんとした格好してきて」という。大体彼女はいつもTシャツにジーンズのくせに、サッカー観戦にいい格好とはおかしいと思ったのだが、一応ジャケットを着て行った。浦和のサッカー場に着くと、これまた特別な入口に和服姿のコンパニオンがお出迎え。バイキング形式の食事の用意された個室には、某テレビ局のサッカー解説員やアナウンサーやお笑いタレントが。飲み放題食べ放題で、やはりバルコニーからの観戦。それもタダでサッカー解説者の解説付きで。残念なことに、その頃私はベッカムすら知らなかったから、0-0で引き分けの試合を、点が入らなくてつまらない、くらいに思っていた。彼女になんで私を誘ったのか、と聞いたら「前日に誘って、土曜日でも空いてそうな人は他に思いつかなかったから」と言われた。

 この話を友人にしたら、「ディズニーランドの隠し部屋に入ったことがある、というなら羨ましいけど、、。」と言われ思い出した。その部屋にも入ったことがあった。

 これすべて、誰かの代わりだったり、券が余ったりで私のところに来た話。本物のたなぼたである。耳に穴を開けると運勢が変わるというから、私は決してピアスをしない。。

 では、競馬で当てたのか?って?
 私の大切な幸運を、賭け事なんかで浪費するつもりはありません。
 まだ当分はこの運に頼って、人生送っていくつもりなのだから。
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-28 23:13 | つぶやき  

<< 開けごま 暖かい朝は >>