珍しくジュエリーそれもアンティーク

d0147727_19345754.jpg

d0147727_19402820.jpg おしゃれに疎い私は、ほとんど装飾品の類に興味がない。だから、アンティークジュエリーはほんの少しだけ。こうして数少ないコレクションを並べたら、なんだかテイストが一貫しているみたい。これはmangetsuさんの処で手に入れたもの。どうやって使うのか、写真に撮ろうとして四苦八苦。
 下のもmangetsuさんの処で購入。キーホルダーのような金具がばかになっていたので、手持ちのチェーンを付けてみる。歳のせいか、最近急にロケットが欲しくなって。(もちろん中の写真は重要機密事項)
d0147727_19362159.jpg

d0147727_19371019.jpgd0147727_19373294.jpg
d0147727_19381941.jpg
 そしてこのリング。赤坂のベルコモンズにあったお店で購入したのは5年くらい前。私の持ち物にしては珍しく、ちゃんと刻印入りのシルバーの指輪。男性ものだと言われたけれど、指も太い私にはぴったりだった。
 ところで、いつも不思議に思うのだが、なぜ骨董市で見かけるアンティークジュエリー屋のおばさま達は、みなさん薄い茶色の髪にソバージュのようなパーマをかけて、ボヘミアンな格好にじゃらじゃらと装飾品を付けていらっしゃるのだろう?まあアンティーク雑貨を扱う若いおにいさんや、和骨董をやられているアラ還世代のおじさま達もそれぞれにいかにもの格好だけれど。
 天の邪鬼の私は、もしいつの日か骨董市や蚤の市に出店するなんてことになったとしても、絶対それらしい格好はしないぞ、とひそかに思っている。
 (注:mangetsuさんは自然体の素敵な女性なので、この分類には当てはまらない。だから私も満月アンティークでなら、ジュエリーが買えるのだと思う)
[PR]

by mobiliantichi | 2010-02-25 20:29 | アンティーク  

<< 暖かい朝は ど根性Camelia >>