オリーブ農園を朝の散歩

 朝は宿の周りに広がる樹齢500年のオリーブの農園を散歩。
d0147727_19344046.jpg

 なんでオリーブの木ってこんなに幹がくねくねしてるんだろう?d0147727_19362755.jpgd0147727_19365984.jpg
d0147727_19372184.jpg


d0147727_1939751.jpgd0147727_19414097.jpg
d0147727_194114100.jpg

d0147727_19401937.jpg
d0147727_1943330.jpg


d0147727_19441427.jpgd0147727_19443873.jpg
d0147727_19445985.jpg

 若い木はまっすぐなのに。
d0147727_19451554.jpg
d0147727_194954100.jpg

 長い棒を携えた男性に、何に使うか聞いてみたら、「ぶったたく」とおっしゃったように聞こえる返事。オリーブの枝を叩いて、実を落とす道具だという。d0147727_19464568.jpgd0147727_19471289.jpg
d0147727_19473563.jpg

d0147727_1948493.jpg
d0147727_1949277.jpg


d0147727_19521793.jpgd0147727_19523532.jpg
d0147727_19531455.jpg

d0147727_19533614.jpgd0147727_19542075.jpg
d0147727_19505668.jpg

d0147727_19543794.jpgd0147727_19545717.jpg
d0147727_19552159.jpg

d0147727_1956035.jpg
 気持ちのいい空気をたっぷり吸って、宿への帰り道では、遠くにアドリア海が見えた。

 そして宿には美味しい朝食が準備されている。この地方伝統の手作りのお菓子が並ぶ。もちろんジャムも手作り。もちろん全種類試してみる。温めたミルクをたっぷり入れたコーヒーとともに。
d0147727_20264926.jpgd0147727_2027416.jpg
d0147727_20331796.jpg

d0147727_20275719.jpgd0147727_20281659.jpg
d0147727_20285048.jpg

d0147727_20293217.jpg

[PR]

by mobiliantichi | 2010-01-12 20:56 | 海外旅行  

<<  古道具がどっさり 青の器 その17 : 白い街で... >>