果樹園の番猫

d0147727_23161833.jpgd0147727_2317645.jpg
 なんだか素敵な入口発見。中にはいってみよう。実はその壁の裏では、にゃんこが私を待っていた。そして彼は、私が中に入ったのを確認すると、地上へと降りてきた。
d0147727_23172475.jpgd0147727_23175074.jpg
d0147727_23181542.jpg

d0147727_23193016.jpgd0147727_23201489.jpg 「Piacere はじめまして。庭をご案内しましょう」彼は、礼儀正しいにゃんこだった。
 「こちらが果樹園になっております。沢山の種類の柑橘類が栽培されているんですよ、えっ、柿は柑橘系じゃないって。固いことをいわないで、ここは南イタリアですよ」
d0147727_23212516.jpgd0147727_23214672.jpg
d0147727_2323490.jpg

d0147727_23391180.jpgd0147727_23392812.jpg
d0147727_08158.jpg

 「レモン、オレンジ、蜜柑に金柑だってあるんです。朝、あなたも食べたでしょ。ジャムにもなるんです。」
d0147727_23301473.jpgd0147727_23303362.jpg
d0147727_2331034.jpg

d0147727_23321220.jpgd0147727_23323596.jpg
d0147727_2333435.jpg

 何を見てるの?あっあの素敵な扉?あの向こうにはなにがあるの?「いえいえ、なんでもありません。あそこにはちょっとばかし哀しい思い出があるだけで」d0147727_23352794.jpgd0147727_23273638.jpg
d0147727_23364453.jpg

 「さあさあ、感傷に浸るのはこのくらいにして、果樹園を出て、素敵なお庭をもっとご案内いたしましょう。出口はこちらです。」d0147727_23372439.jpgd0147727_23384436.jpg
d0147727_23374375.jpg

 「こちらは庭園への門になっています。どうぞゆっくり散策を」そう言い残して、彼は去って行った。あの扉の向こうに行ったのか、美味しい匂いの漂っている食堂の裏口へ向かったのかは秘密。
d0147727_2340596.jpgd0147727_23403136.jpg
d0147727_23405896.jpg

d0147727_23415419.jpgd0147727_23421688.jpg
d0147727_2342555.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2010-01-10 00:26 | 海外旅行  

<< Masseria il Fra... 一日遅れのクリスマス >>