青の器 その16 : うっすら青い2つのお皿

d0147727_19433774.jpg

 薄い青緑の地に花柄のお皿が、また私のコレクションに加わった。青と緑。両方好きだからこれはしょうがない。d0147727_19441534.jpg
d0147727_19443420.jpg

 食堂の壁に飾る。いつかこの壁をお皿でいっぱいにしそうである。あれっ、今気がついた。天地が逆さまだ。どちらが正解か知らないけれど、これではちょっと落ち着かない。d0147727_19451359.jpg
d0147727_1945296.jpg

 もう一枚は普段使いに便利なお皿。今日はジンジャーブレッドマンを入れて。d0147727_19461298.jpg
d0147727_19485661.jpg

 ひっくり返すとキュノアール(尻黒)。凹んだ端の模様も好き。傷一つない完璧は苦手。やっぱり好みが変かもしれない。d0147727_1947243.jpgd0147727_19473987.jpg
d0147727_19475282.jpg


 実は私、生姜党。ジンジャークッキー、ジンジャエールはもちろん、ジンジャービール、ジンジャーワイン、ジンジャーケーキ、生姜糖、生姜湯、生姜の砂糖漬け、生姜ご飯、なんでも生姜と聞くと試したくなる。実は先日も旅先で自家製生姜シロップを買ってしまったばかり。でも冷え性は全く改善しない。最近は生姜ブームらしいが、熊野では新商品を試す機会はなかなかないのが残念だ。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-12-23 20:16 | アンティーク  

<< 冬の熊野の私の一日 Che cos'e ? ⑮ >>