明治村 その4 帝国ホテル中央玄関

 明治村といえば、帝国ホテル中央玄関。
千代田区内幸町に大正12年(1923年)に建てられた、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトの作品。
d0147727_13573769.jpg

d0147727_1358122.jpgd0147727_13585686.jpg
d0147727_13593089.jpg

 d0147727_140249.jpgd0147727_1404630.jpg

 では中を見てみよう。「いらっしゃいませ」 扉も窓も、角角がいっぱい。自由学園明日館といいライトは本当に角が好きなようだ。 d0147727_1413492.jpgd0147727_1422230.jpg
d0147727_142369.jpg

天井にも角角が溢れているd0147727_144133.jpgd0147727_1444793.jpg
d0147727_1451591.jpg

 もちろん照明だって角角。d0147727_146341.jpg
d0147727_1463433.jpg

d0147727_1465640.jpg
d0147727_141066.jpg

d0147727_1412439.jpgd0147727_1412395.jpg
d0147727_1414118.jpg

 大谷石だって、できた当時はもっと角角で凸凹だったはず。d0147727_14142717.jpgd0147727_14151687.jpg
d0147727_14154179.jpg

d0147727_14161847.jpg
d0147727_14175894.jpg

d0147727_14182297.jpgd0147727_14184650.jpg
d0147727_1420783.jpg

d0147727_14203838.jpgd0147727_14222675.jpg
d0147727_14224725.jpg

d0147727_14231748.jpg 1968年にこの建物を壊す時は、やはりかなり反対運動もあったようだ。老朽化していたし、あまりに都心の一等地過ぎるしということで、関東大震災や東京大空襲を生き延びた建物は、博物館で玄関だけ展示されることになったわけだ。私はこの建物でバイキング料理を食べた記憶があるのだが、計算すると5歳位だから、記憶違いかもしれない。
d0147727_14241186.jpgd0147727_14242666.jpg
d0147727_1425789.jpg

銀器も角角、椅子も角角。きっとライトさんは曲がったことが嫌いな、まっすぐで几帳面な人だったのではないか。d0147727_14253357.jpg

 と思ったら、あれ、このお皿もライトさんのデザインだって。なんだ丸いお皿に○い模様、やればできるんじゃない。

[PR]

by mobiliantichi | 2009-11-14 15:11 | 国内旅行  

<< 900年前の材で造られた書見台 どっちが好み? >>