明治村 その2 芝川又右衛門邸

d0147727_18361428.jpg
 西宮市甲東園に明治44年(1911)、大阪の貿易商、芝川又右衛門の別荘として武田五一の設計で建てられた。この洋館は何度か増改築がなされており、昭和2年(1927)に外装などを今のように改築されている。 この館は、阪神大震災の際に被害を受け、平成7年(1995)に解体され明治村に移され、平成19年9月に竣工した、明治村で一番新しい展示である。
 ガイドは修復に関わったボランティアの方で、自然に説明に力が入る。
d0147727_1839448.jpgd0147727_1839268.jpg
d0147727_1839503.jpg

 照明の飾りは木製で個性的。ブラケットにはハートマーク。d0147727_18405745.jpgd0147727_18413420.jpg
d0147727_18423348.jpg

 台所には、レンジがない。ここでは調理はしなかったそうで、お取り寄せを配膳しただけだという。各部屋には主人がメイドを呼ぶための紐があり、台所で待機していた使用人はこの器具を見て、部屋に向かったという。d0147727_184258100.jpg
d0147727_18431956.jpg

 お風呂の天井の飾りは縁起のいいトンボ、ステンドグラスはスミレ。d0147727_18442953.jpgd0147727_1845817.jpg
d0147727_18462358.jpg

階段はキンキラキン。この壁は漆喰に真鍮を張ったもの。d0147727_184753.jpgd0147727_18475947.jpg
d0147727_18482540.jpg

 このステンドグラスの前のつっかえ棒、本来はなかったらしい。でも構造上必要とのことで、今回取り付けられた。d0147727_18484254.jpgd0147727_1849746.jpg
d0147727_18495653.jpg

 和室のふすまを開けると、暖炉、2階の和室の手すりにはやっぱりハートマーク。d0147727_1851713.jpgd0147727_18513810.jpg
d0147727_1852393.jpg

 震災ではレンガでできた煙突が崩落し、壁もはがれ、ガラスも割れたという。そのまま取り壊す話もあったそうだが、明治村で展示されることになったという。しかし不況のため、なかなか改築が始まらず、明治村40周年記念行事の一つとして、ボランティアの助けでやっと竣工したという。建築業者にすべて任せるそれまでの明治村の方法よりも、かえって良かったのではないか、ガイドの方の熱意あふれる説明を聞きながら、そう思った。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-11-08 19:38 | 国内旅行  

<< 秋の朝と秋の食 明治村 その1 西郷従道邸 >>