運動不足、、、。

d0147727_1971226.jpg
d0147727_1972675.jpg

 友人2人を案内して、県境の河を渡り和歌山県へ。
d0147727_1992593.jpgd0147727_1994048.jpg
d0147727_1910362.jpg

 最近では那智の滝のずぼらな鑑賞法もあみ出したので、楽なもの。参道の階段を登ることも、滝つぼへの階段を歩くこともしない。車で山の上の那智大社まで登って、友人達と別れる。2人は参道の階段を降りて、滝つぼに行き、滝つぼ近くの神社に参ったあと、大門坂の熊野古道を歩いて降りる。ほとんど下りだし、古道の雰囲気も楽しめる。案内役の私は時間を見計らって、山の上の駐車場から、大門坂の下の駐車場に車で移動。そこで2人を待つ。
d0147727_19103515.jpgd0147727_19105665.jpg 
 次はどこに行こう?えっ神倉山がいいって?そこは私も行ったことがない。では行きましょう。
 えっ!この階段本当に登れるの?写真では、この階段の怖さは10分の1も写し出されていない。どんどん登る2人の後姿を眺めながら、断念。高所恐怖症の身には、後ろに落ちていく気がして、このまま登ったら、降りれなくなりそうだったので。と、いろいろいいわけを言っているが、実のところ心臓バクバクで気が遠のきそうだったのだ。いつか鍛えて再チャレンジしよう。この神社、ご神体は大きな岩だそうで、無事に登りきった2人によると、頂上も高所恐怖症にはかなり恐ろしいところらしい。
d0147727_19114276.jpgd0147727_19115751.jpg
d0147727_19124055.jpg

 この神社の祭りは、白装束にタイマツを持った新宮の男衆が階段を駆け降りるという。女人禁制だそうで、良かった、、、、、、。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-11-04 19:40 | 熊野自慢  

<< エムブレムの街 松阪商人の館   旧小津清左衛... >>