グラバー園に行く前に

d0147727_20124453.jpg
 路面電車に乗って、グラバー園に向かうと、かなりの人。そこで、ちょっと反対方向の洋館を先に見に行くことにする。オランダ坂の横にある東山手洋風住宅群。明治20年代後半に建てられた7つの洋館。

 ここではバルコニーと煙突がなんだか目立つ。7つとも同じ色のペンキが塗られているので、かえって細かい違いを探す楽しみが増した。
d0147727_2017123.jpgd0147727_20172939.jpg
d0147727_20181852.jpg

d0147727_20184744.jpgd0147727_201989.jpg
d0147727_20193361.jpg

d0147727_2021296.jpgd0147727_2022561.jpg
d0147727_20222913.jpg

d0147727_2023317.jpgd0147727_20241052.jpg
d0147727_20242913.jpg

d0147727_20245691.jpgd0147727_202639.jpg
d0147727_2141712.jpg

d0147727_2027675.jpg d0147727_20315543.jpg
d0147727_20341859.jpg

d0147727_20155545.jpg お昼時なのに、見学している人はほとんどいない。国際交流の場として使用されている洋館に入ったら、ちょうどスタッフが昼食を取っていた。そこでは日替わりで各国の方が、自慢のお国料理を提供しているという。だから長崎での初ランチは、ちゃんぽんでも皿うどんでも卓袱料理でもなく、イタリア人女性が作ったミートソーススパゲティをいただいくことになった。

 満腹になったところで、オランダ坂を下り、グラバー園を目指した。

[PR]

by mobiliantichi | 2009-10-20 21:17 | 国内旅行  

<< グラバー邸まで行く前に ここは行かないと。 >>