寄り道して骨董市も

 長崎空港からなぜか伊丹空港に飛んで、大阪に寄り道。
 実はparis-antiqueさんが大阪のワインバーで、セミナーとチーズとワインの付いた骨董市を企画される、と聞いて寄り道することに。丁度食べごろのとろとろのブリーをいただきながら、Creil et Montereau の刻印の話を聞く。骨董市には沢山のお皿、ルクルーゼのお鍋などがあったが、沢山のお客さんが我先に抱えていらして、さながらバーゲンセール状態。こんな骨董市は初めて。そこで、皆様の目を惹かなかった地味めなお皿をゲット。
d0147727_2049444.jpgd0147727_2050495.jpg
d0147727_20501944.jpg

 そう買ったのはもちろんMontereau。刻印によると1834年から1849年の間のものらしい。d0147727_20505893.jpg
d0147727_20512951.jpg

 裏を見て気に入ったのは、へこんだ。それに表の傷。釉薬が凹みにかかった具合がなんだかいい。d0147727_20514391.jpg
d0147727_20515328.jpg

d0147727_2183779.jpg それにこれ。私の事をご存じの方は、このBで何をするつもりか、想像がつくのでは。ちょっと手を加えて、実用品にするつもり。
d0147727_20524433.jpgd0147727_20534386.jpg 家に帰って長崎土産の動物コレクションをお皿に並べて記念撮影。ジュゴンはちょっと仲間外れ。タコにヒラメにサンマ。
d0147727_2053325.jpgd0147727_20531922.jpg
d0147727_20533038.jpg

 あっ、これは全く骨董市とは関係ありません。ガラスのミニチュアはよく見かけるけれど、サンマは初めてだったので、ついつい。トビウオなんてのもありました。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-10-15 21:26 | 国内旅行  

<< ホテルの顔 階段 昭和10年10月10日生まれ >>