台風の置き土産

d0147727_20103153.jpg
 今年の元旦の写真だ。たぶん来年のお正月も同じ状態だろうと思っていた。
d0147727_19584821.jpg ある日帰ったら階段が坂になっていた。これは重機を入れるために土嚢と砂での臨時措置。聞いてはいたのだが、ちょっとびっくり。
d0147727_19592615.jpg

d0147727_200136.jpg
 石垣修復は現在進行中。職人さんと話して、急遽決まった門柱の撤去と石垣の部分撤去。実はこの門柱は途中でひびが入っていて、ちょっと押しても倒れる、と言われていたのだ。このあたりの石を使って作られたもので、今ではもう手に入らないということなので、使える部分だけ残して、はずしておいてもらうことになった。これも家に戻ったら、きれいに終わっていてびっくり。

d0147727_1955294.jpg そして今朝。一晩中、台風の風の音に眠れず、明るくなった外に確認に出てびっくり。倒壊寸前と思っていた母屋は無事だったが、庭への木戸はこんな具合。でも実はこの木戸はここが廃屋だった時分に取りつけたものだったので、いつかは取り換えたいと思っていた。
d0147727_19554887.jpg


 10年ぶりという大型台風のおかげで、心は決まった。アプローチから正面玄関までの部分、庭と周りの石垣、この修復に来年は着手しようと思う。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-10-08 20:41 | 古民家修復  

<< 内子座 内子町 散策 >>