江戸東京たてもの園 その7 「商店街」 

d0147727_194375.jpgd0147727_19433616.jpg 商店街ゾーンは中々面白い。まずは神田神保町にあった荒物屋。銅板で建物の正面を飾るのを看板建築と言うそうだ。
d0147727_1944213.jpgd0147727_19444211.jpgd0147727_1945616.jpg
d0147727_19452992.jpg

d0147727_19461410.jpgd0147727_19463142.jpgd0147727_1947160.jpg
d0147727_19471659.jpg

 次は同じく神田淡路町にあった花屋。d0147727_19493261.jpgd0147727_19503871.jpgd0147727_1951028.jpg
d0147727_195243.jpgd0147727_19522744.jpgd0147727_1952576.jpg
d0147727_19542073.jpg

 花屋の隣は神田須田町の文房具屋。ここの壁いっぱいの引出は映画「千と千尋の神隠し」のかまじいの引出のモデルになったそうだ。d0147727_1956368.jpgd0147727_19574033.jpgd0147727_19585077.jpg
d0147727_2003064.jpgd0147727_200549.jpgd0147727_2011477.jpg
d0147727_2012562.jpg

 商店街の裏手にはこんな景色が再現されている。下町の人々の生活。もうこの生活が博物館扱いになるのならば、自分が博物館の展示品になっても実はおかしくないのかも、なんて言う事を考えた。d0147727_20223130.jpgd0147727_20233652.jpgd0147727_2024139.jpg
d0147727_2025787.jpg


[PR]

by mobiliantichi | 2009-09-14 20:30 | 国内旅行  

<< 江戸東京たてもの園 その8 「... 肉体労働にはご褒美を >>