世界遺産の上を歩く

 2年前の10月に仕事がらみの旅で、後輩2人とヴェネチアでレンタカーを借りて、スロベニアに向かった。日本でスロベニアの交通網を調べても、グーグルマップぐらいしか見つけられず、イタリアから鉄道がつながっているのか、バスがあるのかもわからなかったので、車で行く事にしたのだ。本来なら高速道路で1本なのに、イタリア人のお勧めの場所だからと、しぶる後輩を無理やり寄り道させて、アクイレアという小さな街の教会につれて行った。
d0147727_19595752.jpg
d0147727_2001179.jpg
d0147727_2003540.jpg

 この教会、実は床一面のモザイクで世界遺産に認定されている。そして、そのモザイクの上に透明な床があって、その上を歩くことができるのだ。地元では学校の社会科見学に行く場所らしく、その日も男子高校生と幼稚園生のグループの他には観光客らしき人は皆無で、私達は子供たちに宇宙人を見るような目で見つめられた。
d0147727_2061621.jpg
d0147727_2063020.jpg

d0147727_2064362.jpg
d0147727_2065584.jpg

d0147727_2071053.jpg
 まじめな後輩は、家族に見せるため解説付きのビデオ撮影をしていたが、「これは世界遺産です。仕事にきたのに、こんなことをしているなんて」だと。すみませんね。
視野狭窄ぎみのH君、人生には時には寄り道も必要なんだよ。(まあ私も最近悟った事だけれど。)

[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-30 20:23 | 海外旅行  

<< 御殿 投票しに東京へ >>