緞帳

d0147727_20114253.jpg

 やっと最後の窓にカーテンが付いた。
 フランスのキルトのカーテンは、母には「緞帳みたい」と言われた。
d0147727_20122768.jpg

 何しろある物でやる、という修復なので、カーテンクリップはサイズはバラバラ。
 元の窓ガラスのレールを代用したカーテンレールは、ちょうどいい長さの物はないし、切る道具もなくて、合わせてちょっと足りない2本を使ったので隙間ができている。
 しばらく押入れに仕舞っていた間にできた皺は、吊るしておけば自然にとれるだろうか。
 カーテンを上に束ねて挙げるための細工は、これから考えないと。
d0147727_20135826.jpg
d0147727_2014108.jpg

 でもなんといってもサイズがぴったりだから。
 まあ本来なら縦に使うカーテンを横にしたのだけど。
d0147727_2015581.jpg

 相変わらず、自己流のいい加減なゆるい修復でごまかしている毎日。
 もちろん私の血液型はA型ではなくて、B型である。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-25 20:44 | 古民家修復  

<< 今年の花火 秋の珍客 >>