裏から見ると

d0147727_20122028.jpg
 裏から見ると、そのぼろぼろ具合がよくわかる。修復の最初は屋根。瓦を下して、天井裏があらわになると、そこはぼろぼろの状態。亀さんはまさかこのは残さないと思ったようだが、やっぱりここは家の正面。またまた無理を言って、温存してもらった。ペンキを塗れば、なんとか表は見れる状態に。
d0147727_20162062.jpg
d0147727_2015327.jpg

d0147727_2012508.jpg
 こちらもこの家のチャームポイント。部屋の天井の四隅の空気穴。裏から見ると、汚れた網が乗っている。何十年分の埃の跡は、ちゃんと空気穴として働いていた証拠。

d0147727_20205934.jpg
d0147727_20202485.jpg



 実はきちんと屋根ができた今でも、屋根裏に登る秘密の通路がある。一人で登るのは怖いので、どなたか天井裏見学ツアーに同行してくれませんか?ただし、天井が抜けると厄介なので、体重制限は設けさせてもらいますが。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-20 20:46 | 古民家修復  

<< インターフォン お盆だから >>