苦手な模様も、ここまでくると

 金きら、じゃらじゃらは得意ではない。
 曾祖父の残したものは、だいたいそんな感じ。
d0147727_20223916.jpg
d0147727_202306.jpg

 箱を開けて包まれた布をほどくと、やっぱりでてきたのは私の基準では絢爛豪華過ぎる器。
d0147727_20231732.jpg
d0147727_20233680.jpg

 まあでも真ん中のウサギさんが可愛いから、よしとしよう。
d0147727_20234856.jpg
d0147727_20242484.jpg

 こちらの器もねえ、、、。
d0147727_20251563.jpg
d0147727_20253499.jpg

 でも形が面白いからよしとしよう。d0147727_20254745.jpg
d0147727_20255973.jpg

 ひいおじいちゃん、生意気言ってごめんなさい。でもこの手の器、使い勝手はやっぱり悪いと思うのだけど。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-12 20:45 | アンティーク  

<< 雨上がり verde e azzurro >>