動物コレクション その20: アナグマ

d0147727_1949317.jpg

 同じような名前なのに、アライグマに比べて、アナグマは知名度が低いと思う。
 アライグマはアニメのラスカルで有名になったし、いろんな物を両手で洗う仕草が愛らしい。
 アナグマと言えば、穴を掘るのに都合がいい細長い体型に短い手足が特徴。
 もしかしたら、地中で穴を掘っている時の仕草が、超カワイイのかも知れないけれど、
 なかなか人間の目に着くこともなく、テレビむきではないのだろう。
d0147727_19493514.jpg
d0147727_19494932.jpg

 私のアナグマの思い出は、多摩川高島屋のショッピングセンターにあった、ぬいぐるみ専門店での出会い。子供の頃に大量に持っていたぬいぐるみを、一括で処分されてから、ほとんどぬいぐるみには興味がなかった。しかし、その店で見たアナグマのぬいぐるみには一目ぼれ。とってもリアルな細長いぬいぐるみで、実物大位の大きさだった。高校生の私は値札を見て、目がテンに。
16800円だった。絶対買えない。それでもその後も何回かその店を訪れて、売れてしまってないか、値札が変わってないか確かめた。d0147727_19501117.jpg
d0147727_195026100.jpg

 そんなことは綺麗さっぱり忘れていたはずだったのだが、骨董市で、この小さな陶器のアナグマを見つけた時、そのことを、正確な値段も合わせて、瞬時に思い出した。私、かなりあきらめの悪い性格のようだ。

 いえいえアナグマ君、君は決して、あのぬいぐるみの身代わりではないよ。
 君もとってもキュートだし、それになんといっても、お値段がとっても可愛かったのだから。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-04 20:23 | 花と動物  

<< あれ?あんなところに さて、ここはどこ? >>