動物コレクション その19: ドラゴンとアライグマ

 70台の優しげな女性。「今日は疲れたから調子がよくない」とおっしゃる。
 「何したの?蜜柑の摘果?」今の時期、熊野では蜜柑の作業がやっと一段落したところなはず。
 「ししと闘って」
 「えっ!!!!」
d0147727_2111503.jpg

 私の頭の中で、目の前の小柄な女性が猪を投げ飛ばす光景が、、、。
d0147727_21144653.jpgd0147727_21145633.jpg もしかして、この方は凄い格闘家なのか、、、、。女性の姿がドラゴンに変わって、私の想像力がどんどんと膨らむ。「よくお怪我されませんでしたねえ。疲れたくらいですんで、良かった」と私が言うと、「畑の西瓜と芋を全部やられたから、猪よけの柵を作る作業をした」、とおっしゃりたかったようで。

 いやあホントにびっくりした。彼女の話は続く。「最近は猿や猪に加えてアライグマまで出てきて。誰かが飼っていたのが逃げ出して、結構気性が荒くて、凶暴で」今度はアライグマがドラゴンの尻尾に噛み付いて、振り回される映像が浮かぶ。
d0147727_21134957.jpg
d0147727_2114441.jpg

 ということで、思い出した私のアライグマコレクションはこれ一つ。
最近、我が家の裏で遭遇した猫くらいの大きさの動物は、狸だと思ったのだが、もしかしたら、アライグマだったのかも知れない。しばらく線路の上でお互い見詰め合ってしまった。
 我が家は山と家の間に線路と石垣がある。だからなかなか動物もここまでは、と思っていたが甘かったようだ。この辺りは猟犬である紀州犬の産地。4頭飼っているという男性がいたので、本気で子犬ができたら、譲ってくれないか、と頼もうかと思った。
 熊野で農作業をしようと思ったら、雑草を食べてくれるヤギと野生動物を追っ払ってくれる犬とを飼わなくては。まだまだ道のりは遠い。
[PR]

by mobiliantichi | 2009-08-01 22:02 | 花と動物  

<< 骨董市とウサギ三昧 出遅れたやつ >>